01 ランニング/Running/跑步 03 子育て

「よい靴は足をサポートしてくれる」ってホント?

更新日:

小さいうちは足首が柔らかく、グラつきやすい状態です。倒れてしまわないように、しっかり固定してくれる硬さが必要です。

靴を履いてなかった大昔は相当数の子どもが「へんな足」になっちゃったんでしょうか?
#子供靴 #子どもシューズ #ファーストシューズ #足と靴と健康協議会 #ジェンティーレ東京

よい靴の選び方 | キッズライフガイド

こんなことまで言ってます。

本来、よい靴というのは、脱ぎ履きに手間がかかるものなのです。

ほんとうかよ!?

今時、これはないでしょう。

洗濯をするのに「本来、よいお洗濯というのは、汚れを落とすのに手間がかかるものなのです」といって洗濯機を使わず手洗いしている感じでしょうか。

ラクに脱ぎ履きできるに越したことはありません。

子どもも紐靴がベスト、なんて言ってますけど、子どもが靴ヒモのビミョーな加減を調整して履くとは思えません。

仮に親が結んであげるにしても、子供本人のこまかな感覚を知ることはできないだろうし。

っていうか、フィット感そのものも必要なのか?

保育園で「さあ、お外で遊びましょう!」ってなったときに、他の子どもは我先にと飛び出していくのに、一人だけ靴をはくのに手間取ったりしてたら嫌になりますよ。

大切なのはそこ(靴)じゃない。

子どもが体を動かしたい、と思う気持ちを妨げないこと。

子どもは裸足だってサンダルだって平気で遊んじゃうんですから。

もう少し大きくなってくるとシューズの良し悪しが運動の多い少ないに影響する可能性はあるけど、、、

本当に本人が外に出て遊びたけりゃ、履きやすいものを履いて出ていきますよ。

年中サンダルで育った子どもの足は「へん」になるのか?

よい子供靴を選ぶための「チェックポイント」っていうのもありました。
shoes-point2

 

私がチェックするとしたら、、、(3)と(6)だけです。

その他は子どもの健康リスクになる可能性があります。

少しだけ解説を。

(1)のかかと。

人のかかとって硬い?柔らかい?あんなに出っ張ってる?

そもそもシューズのかかと自体が必要なのか?

(2)のトゥースプリングとよばれる、つま先の傾斜。

本来、地面と接している足の裏はまっ平らです。

靴底に傾斜をつけて、常時持ち上げた状態にするとどうなるか?

足裏の筋肉や腱には力がかかりっぱなしってことです。

足裏が靴底に過度に押し付けられているとしたら、血行などにも影響が出てきそうですね。

(3)靴底の柔らかさ、硬さ。

私はとことん柔らかくていいと思います。

できれば部位によって差が無いように。

靴全体の重量に関わってくるので、薄くて軽いのがいいですね。

もちろん、滑らないものね。

(4)足首の固定。

固定は良くない。

先天的に障害があるなら別ですけど、子供の頃から足首にギブスをしたまま育ったらどうなると思いますか?

よろけないように、体が安定するように強くなっていくのが自然な流れです。

それをシューズに任せちゃダメ。

(5)ヒモ。

子どもにとっては脱ぎ履きしやすさが一番。

きちんと結べるようになるのは5歳?6歳?

うちの長男は現在4歳9ヶ月ですけど結べません。

この年齢になると一人で靴を履いて外に出ていけます。

ヒモシューズに固執しすぎて、結んであげてばかりだと、、、

外に行きたいのに「ヒモ結んでー」「ちょっと待ってよー、いま手が離せないから」ってなることも多々あるでしょう。

(6)つま先の形。

これだけは大事。

子どもの足の形をよく見て、それに似たのを選ぶのがいいと思います。

一般的には、あんな扇型のつま先してる靴は少ないですけど。

あとは、こまめにサイズをチェックして買い換えることですね。

それにしても、今回取り上げた記事、「足と靴と健康協議会」認定のシューフィッターの話を参考に作られているそうですけど、、、

これでは子どもの足は強くならない。

スマホad

スマホad

関連記事

-01 ランニング/Running/跑步, 03 子育て

Copyright© キムブログ for Fun Athletes , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.